• 大阪ハニー OSKAKA HONEY 大都会からの自然の恵み
  • 大阪ハニー OSKAKA HONEY 無添加、無加熱、無着色はもちろん、糖度や水分量にまで徹底的にこだわりました
  • 大阪ハニー OSKAKA HONEY
  • 大阪ハニー OSKAKA HONEY

あなたは、本当においしい生のハチミツを食べていますか?

大都会大阪のど真ん中で採れた自然の恵み。はじめまして、「大阪ハニー」です。私たちは蜜蜂を飼育することから始めました。天然の生ハチミツを知ってください。

ハチミツとろり イメージ写真

「大阪ハニー/OSAKA HONEY」が伝えたいのは未来へのメッセージ

パリやニューヨーク、銀座など、大都市で行われている“都市養蜂”に習い、
2010年に梅田茶屋町、2015年には四天王寺に巣箱を設置。
緑が少ないと言われる大阪の市街地で、どれほどのハチミツが採蜜できるのか、
まったくの未知数から、都心でミツバチを育てるという環境文化活動としてスタートさせました。

都会でハチミツ。意外に思われるかもしれませんが、農薬の影響が少ない都会の蜜源は驚くほど高品質でした。
一方で、採蜜量も少ないため、貴重でもあります。
言い換えれば、ミツバチが住むエリアには、必ず自然空間がある。
「大阪ハニー」は自然と無縁に思える大阪の都心にも、さまざまな花や草木が息づいていることの証。
ミツバチは自然・人・街をひとつに繋ぐ大切な役割を担い、ハチミツは、その証を伝えるメッセージでもあるのです。

ここ大阪の街には、どんな蜜源が育まれているのだろう。
私たちの希望を胸に飛び立ったミツバチたちが運んできたのは、小さな花やハーブのフレッシュな香りを含む、
驚くほど繊細で、上品な甘さが広がるハチミツでした。

そのまま芳醇な味わいを生かして、加熱をせず、何も加えず、世界基準を越える糖度を持ちながら、後味も軽やかに。
梅田と四天王寺、2つの「大阪ハニー」が誕生しました。

そして、美食都市 大阪で活躍する食のプロたちが、想いをひとつになごみの甘味へと昇華させました。

伝えたいのは、大阪の小さな自然を集めたハチミツが語りかけて来る、未来へのメッセージ。
ほんの小さな気づきから、都心で叶える豊かな暮らし方の発見へ。
まだ産声を上げたばかりの、小さなブランドですが、大阪の街を、もっとおいしく、もっと心地よく。
ミツバチと一緒に、せっせと大阪の“素敵”を集めて、なごみのひと時を、みなさまへお届けしたい。
それが「大阪ハニー」の願いです。

「大阪ハニー」の養蜂場は大阪のど真ん中にあります。

梅田茶屋町のビルの屋上、そして四天王寺境内に私たちの養蜂場はあります。NPO法人.梅田ミツバチプロジェクトのメンバーが大切に、丁寧にミツバチを育てています。
梅田養蜂場四天王寺養蜂場

ミツバチの活動範囲はおよそ2kmから3km。驚く事に、都会に咲く花や樹木は農薬の影響がほとんどない貴重な蜜源です。丁寧に、大切に育てたミツバチが一所懸命に集めました。
ミツバチ イメージ写真

採蜜するのは4月中旬から7月中旬までの3ヶ月のみ、最も花の香り高い時期だけのハチミツです。希少な生ハチミツを大切な気持ちを添えて、お届けします。
お求めはこちら

大切なハチミツを丁寧に瓶詰めしました。約50日という短い一生で、1匹のミツバチが集められる蜜は、ティースプーンわずか1杯分なのです。ハチミツをこしたりボトリングする際も一切熱を加えず、手間を惜しまずにじっくり瓶詰めしました。ビタミンも香りもハチミツ本来の状態です。
ハチミツは加熱するとサラサラになるので、濾過や瓶詰めがしやすくなりますが、ビタミン、ミネラル、ハチミツ由来酵素、などの栄養素や香りが飛んでしまう事があります。
全ての工程で無加熱なのは手間はかかりますが、本当に美味しい生ハチミツが出来上がります。
イメージ写真

「大阪ハニー」は緑化活動や食育活動もおこなっています。
ミツバチの暮らしやすい環境を作り、将来の子供たちにより良い都市環境を残すために、植樹をしたり種や苗を配布する活動をしています。
継続できる美味しい景観作りを目指しています。
イメージ写真

希少なハチミツはなごみの甘味へと昇華します。大切な方へ、大切な気持ちを添えて、どうぞ

お求めはこちら

このページのトップへ